副業

クラリネットのオンラインレッスンを受けるに必要なものとは

クラリネットのクズシマです。
ずっとやろうやろうと思っていたのに先延ばしにしていた「クラリネットのオンラインレッスン」を思い切って始めてみることにしました!

オンラインレッスンって、私も初めての経験ですし、初めて受けられる方も多いと思います。オンライレッスンを受けるにあたって「何を準備したら良いのか」「対面のレッスンとの料金の違い」「受けるときの注意点」などを、調べたり考えたりしたことを、まとめてみました。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、音楽活動や、部活動、市民バンド、習い事さまざまな制限がある中でお過ごしの方が多くいらっしゃると思います。本番がなくなってしまったり、部活動でみんなで練習できなくなってしまったりと、残念な思いをしている方もいらっしゃるでしょう。

ですが、こんな機会だからこそ、クラリネットの腕を磨き、またコンサートができるようになったときに、もう一段階魅力的な演奏ができるようにするための、成長のための時間を過ごしませんか。

ピンチはチャンス!

私自身も、この事態で仕事は激減して、もちろん収入も激減。予定は狂いまくりで、先を考えれば不安だらけですが、少し良いこともありました。
時間ができた分、普段やらないことを調べて実践してみたり、いろいろな曲を演奏してみたり、YouTubeを一生懸命やるようになったりしました。オンラインレッスンもその一つです。

ビジネス書の中の誰か言うように「人はピンチになったときに、チャンスを掴むのかもしれない」そんな風に感じています。

クラリネットを練習・演奏する環境が変わってしまった今は、これから、より充実したクラリネット人生を送るにあたって逆にチャンスかもしれません。

「練習方法を見直してみる」「普段はできなかったエチュードを練習してみる」「お気に入りの曲を吹いてみる」「自分の音を録音してみる」「本を読んでみる」視点を変えざるを得ない状況で、新たな価値観や気付きが見えてくるでしょう。

ピンチのときに、落胆しまう人、逆境を乗り越えようと必死にあがいて成長する人、あなたはどちらの自分になりたいですか?
少しの想像力と行動で、人はなりたい自分になれると私は思っています。

自宅で音が出せない方のためのプランも作りました

とはいえ、普段クラリネットを練習している場所が使えなくなってしまったり、学校でしかクラリネットが吹けなかったり、自宅では演奏が不可能な方も多くいらっしゃると思います。
クラリネットが大好きで、上手くなりたいという気持ちを持っているのに、演奏できない時間が長く続くのは辛いですよね。

普通のオンラインレッスンの他に、そんな方にもご活用いただける、お悩み相談のプランを作りました。

【オンラインクラリネットお悩み相談】(楽器演奏なし)

【オンラインクラリネットお悩み相談】では、料金が通常のオンラインレッスンより安く、楽器を使用しません。

・練習できない時間がある中で、どんな風にクラリネットと向き合えば良いのか
・社会人でクラリネット練習ができる時間が短いが、どのように時間を使えば良いか
・これまで放置していたクラリネットの奏法の疑問を解決したい
・楽譜の読み方を教えて欲しい

などなど、クラリネットや音楽のことについてなんでも相談にのらせていただきます。

また、具体的な奏法や練習方法の相談だけでなく、「クラリネットとの付き合い方」など、クラリネット共により良い人生にするためのサポートもさせていただくことができます。

「クラリネットのレッスンを受けてみたいけれど、どんなことを準備して良いかわからない」「クラリネットのレッスンの先生の探し方がわからない」「クラリネットを何年もやっているけれど、今さら人には聞けない悩みがある」「まずは、クズシマさんがどんなもんなのか試してみたい」という方におすすめです!

1回ずつ、約束して決めるレッスンですので、継続の必要はありません。あくまでも、普段の練習の補助、レッスンのセカンドオピニオンみたいな位置付けとしてご活用いただければと思います。

クラリネットオンラインレッスンの料金について

私のクラリネットオンラインレッスンの料金は、

通常オンラインレッスン:30分2,000円、45分2,500円、60分3,000円

オンラインお悩み相談(楽器演奏なし):30分1,000円、60分2,000円

となっております。お好きなプランと時間を選んでいただき、1回ずつ予約する形になります。日時はメールでご相談させていただく形になりますので、ご都合の良い時間に受講可能です。

お申し込みはツイッターのダイレクトメール、またはメール(ツイッターのプロフィール欄YouTubeチャンネルの概要欄にアドレス記載してあります)からよろしくお願いします!

ちなみに私の対面の個人レッスン料金は、1時間5,000円(部屋代込)です。オンラインレッスンは通常のレッスンより大幅に安価な料金になっています。

気軽に受けることができますので、通常のレッスンの補助的な意味合いで利用するのも良いですし、グループレッスンは受けているけれど、個人的にもレッスンを受けてみようか検討しているという方など、幅広い目的でご利用いただけます。

オンラインレッスンを受ける前に

オンラインレッスンに準備するものや、オンラインレッスンを受けるにあたっての心がまえなどについてお伝えしていきます。

オンラインレッスンのために準備するもの

オンラインレッスンを受けるには、以下の準備をお願いします。

【通常オンラインレッスン&お悩み相談共通】
・ネット環境
・スマホまたはパソコン
・イヤホン
・ZOOMアプリ、またはインターネットからアクセス

以上です!
ビデオ通話でレッスンをおこなうので、ZOOMという会議用アプリ(スカイプみたいなものです)をダウンロードだけいただきます。他には特別な用意がなくてもオンラインレッスンは気軽に受けることができます。

ZOOMの使い方はこちらの公式サイトでわかりやすく解説されています。https://zoomy.info/manuals/what_is_zoom/

マイクがあればより良いですが、必須ではないので、なくても問題ありません。スマホを使用される方は、スマホを立てかけるスタンドなどがあると便利です。

【通常オンラインレッスンの方のみ準備するもの】
・楽器
・楽器を演奏できる環境(屋外などは雑音が入るので望ましくないかもしれません)
・練習している曲の楽譜

楽譜を事前に共有していただけると、レッスンがスムーズにいきます。事前のメールでのやりとりの際にレッスン曲をお伺いしますので、対応をお願いするかもしれません。

オンラインレッスンの料金の支払い方法

私のオンラインレッスンの決済方法は、以下の方法になります。
・銀行振り込み
・PayPay
・LINE Pay

オンラインレッスンを受けるときの注意点

オンラインレッスンでは、対面レッスンと何が違うのか考えてみました。オンラインレッスンを受ける上で注意することをご紹介していきます。

ネット環境の良い場所で

ネット環境が悪いと、通話がブチブチと切れてしまいます。レッスンの進行の妨げになり、せっかくのレッスン時間が削られてしまいます。できるだけネット環境の良いところでの受講を心がけましょう。Wi-Fiがなくても、4G回線でも可能です。5時間で1ギガくらい使用するそうです。

はっきり伝える

オンラインレッスンでは、「空気感」や「間合い」などが伝わりづらいので、講師ははっきりと端的に、アドバイスをすることを気をつけています。受講者の方も、質問や疑問、レッスンを受ける目的をはっきり伝えられるようにしておくと、レッスンがスムーズに進みやすいです。

レッスンをしてみて、他にも注意点が見つかれば更新していきますね!

音楽家がココナラで稼ぐ方法

音楽家(ミュージシャン)が音楽だけで生計を立てていくのは大変です。

特に、フリーランスの音楽家が生きていくためには、さまざまな収入源(副業)を持っておくことが大切だと思います。

「自分の音楽スキルをもっと役に立てたい」「あと少し収入を増やしたい」という音楽家の方にココナラで稼ぐことをおすすめします!

ココナラとは、「自分のスキルをインターネット上に出品して、そのスキルを求めてい人に売る」サービスです。
メルカリではモノを売り買いしますが、ココナラではスキルを売り買いします。

ココナラは誰でも簡単に始めることができるので、音楽でまだ充分に稼ぐことができていない人は利用してみる価値があると思います!



ココナラとは

ココナラとは「知識・スキル・経験」など、自分の得意なことを売ったり、求めていることを買ったりできるインターネット上のサービスです。

会員登録者数は100万人を越えていて、デザイン、プログラミング、お悩み相談など、さまざまなジャンルのサービスが20万件以上も出品されています。

ココナラの最大の特徴は、ネット上で取引が完結することです。

インターネット環境さえあればいつでもどこでも働ける仕組みを実現しています。

ココナラで音楽家が出品できること

ココナラではさまざまな音楽のスキルが出品されています。

ココナラで出品されている音楽系のサービスは以下のものなどがあります。
・楽器演奏録音
・仮歌録音
・作曲、編曲、作詞
・楽器演奏に関する相談
・ミックス、マスタリング
・楽譜作成
・オンラインレッスン

ほかにもたくさん音楽系のサービスが出品されています。
ココナラ では、インターネット上のやりとりだけでサービスを完結しなければいけないので、データのやりとりオンライン通話などが中心になります。

音楽家がココナラで稼ぎたいのであれば、自分が提供できそうなことを考えて、出品するだけで無料でココナラのサイトに掲載してもらうことができます。

自分で営業をしなくても、ココナラのサイトをのぞいた人の目にとまれば、仕事が発生する可能性があることが、ココナラを利用する最大のメリットと言えるでしょう。

ココナラでできないこと

ココナラでは、以下の行為は禁止されています。

・直接会うこと
・ココナラの外での連絡のやりとり
・何かを売りつける行為

例えば、メッセージやビデオチャット内で「今度コンサートがあるのできてください」と呼びかけたりするのは禁止です。

「直接連絡先を交換して対面でレッスンをおこないましょう」といったことも規則違反になります。

ココナラの出品相場

ココナラでは自分が出品するサービスに自分で値段をつけます。

ココナラは、『みんなの得意を売り買いスキルのフリーマーケット』というキャッチコピーの通り、「自分の趣味でのスキルを提供してみよう!」「ある程度のクオリティーのサービスを通常より安く買いたい」といった手軽な感覚の取引が主流となっています。

そのため、普通に仕事を依頼するよりも低価格でサービスが出品されていることが多いです。

ココナラは出品相場が安い 

音楽のカテゴリーでも、アマチュアの人も多く出品しているので、比較的安い価格でサービスが取引されていることがほとんどです。

はじめから強気の価格でサービスを出品して、それがたくさん売れるということは、ココナラではめったにありません。

ココナラはサイト内での評価があり、購入者を増やすためには、ココナラ内で実績を上げる必要があります。

そのためにまずは、ココナラで出品したサービスを買ってもらわなければいけません。サービスを買ってもらうには、ココナラ上で信頼を得るまではココナラ内の適正価格でサービスを販売する必要があります

音楽関係のサービスの出品相場を知り、自分のサービスをどのくらいの価格で販売するのか考えてみましょう!

ココナラで出品されている音楽係サービスの費用相場

ココナラで出品されている音楽系のサービスの費用相場はおおよそ以下の通りです。

・仮歌録音(1曲) 約2,000〜3,000円
・演奏録音(1曲)約3,000〜1万円
・作曲(1曲) 約5,000〜10万円 ・作詞(1曲) 約1,000〜5,000円
・ミックス、マスタリング(1曲)約2,000〜15,000円
・オンラインレッスン(60分)約1,000〜5,000円

ココナラでは、一部のたくさん売り上げている人などはサービスを高価格で販売していますが、ほとんどの人が一般的な仕事として取引される価格より低価格で販売しています。

ココナラの手数料

ココナラの販売手数料は25%が基本です。
(ひとつのサービスの売り上げが5万円を越えると手数料は安くなっていきます)

1,000円分のサービスを売り上げたら、自分の元には750円入ってくるということです。

ほかのクラウドソーシングのサイトと比較すると、ココナラの手数料は安いとは言えないでしょう。

しかし、音楽家がココナラを使って稼ぐにはメリットがあります。多くの音楽家が苦労する集客の部分をココナラのサイトがおこなってくれるからです。



音楽家がココナラを使うメリット

多くの音楽家が、音楽の仕事のみで生計を立てることに苦労しているのが現実です。

なぜ、音楽の仕事だけで食べていくことが大変なのでしょうか。それは、集客がうまくできないからだと思います。

ココナラを使えば、ココナラのサイト内で集客をおこなってもらえます

ココナラでは、サービスを出品するとサイト上に掲載してもらえて、サービスを求めている人の目にとまります。その中で購入したいと思ってもらえれば、自分のスキルが買われます。

ココナラでサービスを出品するのは無料ですので、ココナラでサービスを出品するのは「自分のサービスの宣伝を無料でサイトにのせてもらう」ということです。

「もっと自分のスキルを使って稼ぎたい」と思っている音楽家の方はココナラに登録して、サービスを出品することをおすすめします。

ココナラで稼いでいる音楽家

ココナラで音楽家はいったいどのくらい稼ぐことができるのでしょうか。
実際にココナラで音楽家が稼いでいる事例をまとめてみました。

【歌を仕事にしたい!】仮歌で売り上げ30万円以上!私がココナラを選んだ理由(コンペ採用実績あり)
シンガーソングライターとしての活動を中心にサポートミュージシャンや楽曲提供などもおこなうカーリーさんはココナラで仮歌録音を出品して30万円以上稼いでいます。

1曲5千円から5万円に!ココナラでの音楽制作の副業
フリーランスの作曲家の伊藤さんはDTMのスキルを使って、ココナラでは作曲、アレンジ、ギター演奏、ミックス、マスタリングなど多くの音楽サービスを出品しています。はじめは1曲5,000円からの出品だったそうですが、今は主な収入源になるほどココナラで稼いでいるそうです。



音楽家がココナラで稼ぐコツ

音楽家がココナラで稼ぐにはコツがあります。ただココナラにサービスを出品するだけではサービスは売れません。

ココナラで売り上げを上げるポイントをいくつかご紹介していきます。

「買いたい」と思ってもらえるサービスを出品する

ココナラでは、「買いたい」と思ってもらえるサービスを出品することが大切です。

「買いたい」と思ってもらうには、

・サービス自体に需要があること
・買いたいと思わせる価値を提示すること

このふたつが大切です。

需要に関して、例えばボーカリストでしたら、

私の自作の歌を録音してお渡しします
というサービスは、めったに需要がありませんが、

あなたの作った曲の仮歌を録音します
というサービスは需要があるでしょう。

ココナラでは「音楽スキルを使って誰かの役に立つこと」を意識してサービスを提供することを考えると良いです!


価値に関しては、サービス内容のネーミングを工夫しましょう!

楽曲制作します」だけの文より、

業界歴20年のプロの作曲家が、あなたのイメージにあった楽曲を制作します」という、売り文句もタイトルに入れることをおすすめします。

ココナラでは顔の見えない相手に依頼をするので、信頼感がより大切になってきます。

サービス内容や説明文は、自分のスキルの魅力が存分に伝わるように、力を入れて書きましょう!

プロフィールを充実させる

購入者はココナラのサイト内の情報だけをみて、サービスを買うかどうかを判断します。

購入者からの信頼を得るために、サービス欄の説明のほかにも、プロフィールページを充実させることも大切です。

プロフィールページは、あなたが「どういうことができるのか」「どんな実績があるのか」といったことをアピールする場所です。

信頼感安心感をアピールするような自己紹介をしましょう。

YouTubeのリンクを貼ることもできますので、自分の作品や演奏の雰囲気を伝えられるとより販売に繋がりやすくなります。

サービス販売につながる「プロフィールページ」の書き方のコツ by coconala mag

はじめは出品価格を下げる

この記事で繰り返しお伝えしてきた通り、ココナラはサービス相場が安いです。サイト内での販売実績がないうちは、安価な価格設定にすることをおすすめします。

ココナラで、はじめての依頼を受けることは、想像以上に難しいと思っておいてください。まずは、購入者になんとかして購入してもらうことを一番に考えたほうが良いでしょう。

ココナラでは以下のようなランク設定があります。

販売数を増やして、ランクが上がったあとに様子を見ながら価格を上げていくほうが売り上げアップへの近道です。

ココナラ 公式サイトより出品者ランクとはhttps://coconala.com/pages/about_rank



まとめ

オンライン上でスキルを売り買いするココナラなら、音楽家が自分のスキルを自分の好きな時間に販売することができます。

ココナラで稼ぐためには、購入者の目線で「買いたい」と思うサービスを出品しましょう。はじめは、安価な価格でないと売れない可能性が高いですが、ココナラ内での信頼を貯めていけば稼げるようになってきます。

ココナラで出品すること自体は無料でおこなえますので、まずは会員登録をして、自分の音楽スキルを出品してみてはいかがでしょうか。以下のリンクからココナラの会員登録ができます!



宴会コンパニオン必須のデュエットソング定番10曲

宴会コンパニオンとして働いていて、「一緒にデュエット歌おうよ!」と言われたときに、昭和のデュエットソングを1、2曲歌えるようにしておくと、きっとお客様を喜ばせることができますよ!

2次会ではカラオケがあることが多いですよねそんなときに使える、宴会コンパニオン必須のデュエットソングの定番をこの中から覚えておきましょう。こちらでご紹介する10曲は大定番なので、カラオケに慣れている方ならきっとどの曲も歌えると思います。

スナックや宴会コンパニオンで働き始めた方は、こちらの10曲の中で歌えそうな曲を自分の持ち曲として持っておくと良いですよ!

また、若い男性で「デュエットソングなんて知らないけど、仕事相手と飲みに行くときに覚えておいた方が良いかも‥‥」という方にも役に立つ10曲となっています!

1. 居酒屋

五木ひろし&木の実ナナ「居酒屋」(1982)は、平成の著作権使用料トップ2位というくらい、カラオケでよく歌われるデュエットソングです。
昭和のデュエットソングの王道と言ったらこの曲ではないでしょうか。覚えておいて間違いはありません!

2.愛が生まれた日

藤谷美和子&大内義昭「愛が生まれた日」(1994)は、意外にも昭和ではなく平成の曲ですね。幅広い年代の方が知っているデュエット定番曲ですので、1曲覚えるのならば、この曲はおすすめです!

3.ロンリーチャップリン

鈴木望美withラッツ&スター「ロンリーチャップリン」(1987)もデュエットソングの大定番です。
カッコいい感じの曲調で、割と歌いやすい曲です。しっとりとした曲を歌い上げるのが苦手な方は、この曲を元気に歌って場を盛り上げましょう!

4.銀座の恋の物語


石原裕次郎&牧村旬子「銀座の恋の物語」(1961)は、通称「銀恋(ぎんこい)」は当時大ヒットした曲で、同名の映画の主題歌にもなりました。70代以上の方が好む渋いナンバーです。昭和のデュエットソングの定番と言えばこれ!という方も多いでしょう。

5.忘れていいの-愛の幕切れ-

小川知子&谷村新司「忘れていいの」(1984)は、男女の別れを歌った寂しい曲です。色っぽい歌い方が求められます。
また、曲の終盤で、女性の胸元に男性が手を入れるという演出が有名な曲ですので要注意です!

6.3年目の浮気

ヒロシ&キーボー「3年目の浮気」(1982)は軽快なテンポに乗って男女の掛け合いが楽しいデュエットソングです。
セリフ風の歌いまわしは、可愛く歌っちゃってください!

7.北空港

浜圭介&桂銀淑「北空港」(1987)は、「夜の札幌〜」と女性から演歌調に歌い出す、いかにも昭和のデュエットソングらしい曲です。
二人で声を揃えて「北空港〜♪」としっとり歌い上げてください。

8.ふたりの大阪

都はるみ&宮崎雅「ふたりの大阪」(1981)は、大阪を歌ったデュエットソングの代表でしょう。都はるみさんの素晴らしい歌い回しを真似したいですね。
“新地のクラブ”にいるような気分で盛り上がって見てはいかがでしょうか。

9.もしかしてPARTII


小林幸子&美樹克彦「もしかしてPARTII」は、女性が男性に嫉妬をするという可愛らしい曲です。
歌い出しの「もしかして、もしかして」というところが印象的です。曲調は軽快で、歌いやすいデュエットソングとなっています。

10.アマン

菅原洋一&シルヴィア「アマン」(1982)は、「もう二度と、アマン‥」と女性のセクシーな歌い出しから始まります。
昭和のロマンの香りがプンプンする曲です。女性が可愛いセクシーな感じで歌えるので、個人的にはおすすめな昭和のデュエットソングです。

まとめ

宴会コンパニオン必須のデュエットソングの定番10曲をご紹介してきました。どれも、歌っていて楽しい曲だと思います!男女のデュエット曲はたくさんありますが、定番ご紹介してきた10曲はどれをとっても大定番曲ですので、好きなものを覚えて歌ってみると良いでしょう。

こちらのアルバムはこれまでにご紹介してきた昭和のデュエットソング10曲がすべて収録されているほかにも、デュエットの名曲が多数入っています。
デュエット曲をマスターしたい方にはおすすめの一枚です。


決定盤 デュエット大ヒットのすべて

2020年の音楽家の働き方。フリーランスとして収入を得るには?

クラシック音楽家として収入を得られるのはほんのひと握りだと言われていました。
確かに、1000人規模のコンサートをおこなうソリストや、オーケストラに所属することができるのはほんのひと握りです。

このコラムでは音楽家として安定して就職するにはどうしたら良いか。
また、フリーランス音楽家の収入源についてお伝えし、フリーランス音楽家としてこれまでに私がしてきた仕事も赤裸々にご紹介します‥!

2020年の働き方はフリーランスの時代が来ていると言われている今、音楽家として収入を得る方法も多様になってきていると考えられます。
これからの時代の波にうまく乗って、音楽家として幸福に生きていく方法について書きました。



音楽家として就職する方法

音楽家(演奏家)として会社に所属して、一定の収入を得ることができたら夢のようですよね。
時間や活動の自由は制限されますが、安定した収入を得ることができるのは就職でしょう。管楽器奏者が演奏をすることを仕事として就職できる業種は以下のものがあります。

・オーケストラ
・ブラスバンド
・自衛隊の音楽隊
・警察の音楽隊
・消防音楽隊

日本国内のオーケストラの数は約36、ブラスバンドは約3で、それぞれの団体によって雇用形態が異なります。
これらは基本的に副業可能ですので、それぞれの音楽活動をおこなっています。プロのオーケストラ奏者、ブラスバンド奏者になるには厳しいオーディションに合格する必要があります。

自衛隊、警察、消防の音楽隊はブラスバンドの演奏家として仕事をすることになります。
自衛隊では数年前に初めて声楽の採用がありました。
警察音楽隊は、音楽家としての仕事と、そうでない警察の一般業務との比率が各都道府県によって大きく異なります。
消防音楽隊は契約雇用がほとんどで、就職とは言えないかもしれません。

 

フリーランス音楽家の収入源

上記のような仕事以外に、音楽家の収入はどんなものがあるのか、主なものをご紹介します。

・コンサート
コンサートは誰が企画をおこなっているのかによって収入の入り方が変わってきます。自主企画ですと経費以外が収入になります。演奏以外にも企画やチラシやチケットの作成、宣伝活動も重要になってきます。

・依頼演奏
イベントやパーティーなど主催者に依頼されて演奏を行います。コンサートの主旨などは決まっていることが多いので、曲を決めて演奏をおこなうのみです。

・オーケストラのエキストラ出演
オーケストラの団員さんに依頼されて助っ人としてオーケストラのコンサートに出演します。依頼は1回1回のコンサートごとにいただきます。

・レッスン
生徒さんと直接やりとりをする場合は、いただいた額が全て収入になります。自分で教室を運営している人も同じです。個人レッスンだけでなく、吹奏楽部やオーケストラ部の外部講師というレッスン方法もあります。

・教室の講師
楽器店や音楽教室の講師は、生徒の数(レッスンの数)によって一定のお給料を受け取ります。生徒が支払う額から、経費などを引かれた何%かが収入になるということです。

・レコーディング
テレビなどで使用される録音の仕事です。首都圏以外は仕事の数が非常に少ないです。



フリーランス6年目の私がこれまでにした仕事

私は大学院終了以降ずっとフリーランスのクラリネット奏者として仕事をしてきました。
クラシック音楽がメインですが、音大生時代からバンドをしていたご縁もあり、その他のジャンルにも精通してきました。

収入の大小は問わず、一応音楽家として収入を得たお仕事をできるだけ細かく箇条書きにてご紹介します。
働き始めた頃は音楽で仕事をするなんて大変‥‥と思っていましたが、数年間でこれほどさまざまなお仕事に巡り合うことができました。

・オーケストラのエキストラ
・寄せ集めの吹奏楽での演奏
・寄せ集めオーケストラでの演奏
・ソロのリサイタル(自主企画)
・アンサンブルのコンサート(自主企画)
・アンサンブルでコンサートへ出演(チケットノルマ制(一定以上から収入になる)
・バンドのライブ
・野外音楽フェス出演
・バンドで学校公演
・バンドでCDリリース
・企業のパーティーでの演奏
・レストランでの演奏
・ホールからの依頼演奏など、他依頼演奏多数
・楽器選定
・メーカーでの楽器の販促、アドバイザー
・音楽アプリ開発の企画
・チンドン屋での演奏
・チンドン屋で海外ツアー
・ビアガーデンでチップ制の演奏
・ストリートライブ
・演歌歌手の方の舞台での芝居と演奏
・ロックバンドのライブでのパフォーマンス
・個人レッスン
・グループレッスン、ワークショップ
・講習会講師
・吹奏楽部でのクラリネットパートの指導
・吹奏楽部、オーケストラ部で合奏指導
・オーケストラ部のクラリネットパート、木管セクションの指導
・オンラインでのレッスン

以上、思いつく限りあげてみました。このように見るといろいろな仕事をしていますね‥‥。

半分以上は同業の方(演奏家の方)からの依頼で、その他は企業や団体、企画会社さんからの依頼です。
ひとつひとつのご縁が仕事にそして、音楽家としての収入につながっていくのだと、今でも毎回お仕事をいただくたびに嬉しい気持ちになります。

音楽家として仕事の依頼が来ることは嬉しいですが、思うように仕事がいただけず、収入が少ないこともあります。
そんなときも、立ち止まらずに何か自分からアクションを起こすようにしています。
具体的には、自分でコンサートを企画したり、レッスンの生徒さんが増えるにはどうしたら良いのか考えたりしてきました。

フリーランスとして生きていく限り、今ある仕事が数年後にはある保証はどこにもありません
常に自分をアップデートし続け、自分が必要とされる場所はどこなのか、必要とされるにはどんな自分になれば良いのかを考え続けなければいけません。



2020年の音楽家の働き方

2020年はフリーランスの時代が来ると各業界でいわれています。そんな時代に音楽家の働き方はどんな変化を見せるのでしょうか。

挫折からの思考

私はなぜ、大学院卒業後フリーランスとして働く道を選んだかというと、「オーケストラに入りたかったから」です。「オーケストラのオーディションに合格するまで、何とか食いつなぐ」くらいに思っていることもありました。

しかし、オーディションに落ちまくり、コンクールでも大きな実績を挙げられずに行き詰まっていたところ、怪我や病気が重なりオーケストラに入るということは現実的ではなくなりました。

そして再び、音楽家として生き続ける方法を考えました。「どうしたら、フリーランスの音楽家として生き抜くことができるのか」来る日も来る日も考え続けました。

音楽家は時間がない

音楽家の生活はタフでないとこなせません。仕事をしている時間の他に、練習時間、コンサートの企画をしたり、勉強をしたり、仕事の予習をしたり、やるべきことは常に山積みです。

これまで、(当たり前かもしれませんが)収入を得るために多くの時間を使っていました。

私は、人生の多くの時間を出来るだけ多く音楽のことを考える時間に使いたいと思っています。そのためには、できるだけ収入を得るためだけにおこなっている仕事を減らしたり、効率よく行わないと身体がもたないなと思いました。

生活を維持しながら、音楽に没頭する時間を作るには、
収入アップ」または「自分が働かなくても収入を生み出す」ことが必要なのではないかという考えに至りました。



音楽家の収入を上げるには

収入アップには自分の価値を高める必要があると考えられます。

これまで、「演奏の仕事だけで食べられない音楽家は売れない音楽家だ」とう変な偏見が自分の中にありました。

しかし一方では、自分も含め「音楽家は演奏などの高い専門スキルを持ちながら、うまく収入として還元できていないな」という風に考えていました。そんなとき、ある人の言葉にはっとさせられました。

「スキルとスキルの掛け算で最強人材になれる」

これは、仮にクラリネットを吹ける人材が100分の1、英語を堪能に話せる人材が100分の1だとしたら、その人は1万分の1の貴重な人材になれるということを言っています。

実際にはクラリネットを吹ける人はそれ以下の人数だと思いますので、それより貴重な存在ですね。音楽家のスキルは貴重なものです。憧れる人だってたくさんいます。自信を持ってください!(これは自分へのメッセージかもしれません‥)

まずはこのスキルを大切にして、もうひとつ何か強みを作ることで自分の価値を上げて、自分にしかできない仕事ができれば、それが価値になり収入は自ずと上がっていきます。

自分が働かなくても収入を生み出す(YouTubeを例にとって)

2020年はYouTube時代が来ると言われています。
2019年、ダルビッシュ選手やお笑い芸人のオリラジの中田さんが有益なコンテンツを発信するチャンネルを立ち上げたことは衝撃的でした。

自分が働かなくても音楽家が収入を得る方法を、YouTubeを例にとって簡単にお話ししたいと思います。

YouTubeは再生回数などにより広告収入を得ることができます。

YouTubeを自分で発信するのはすごく作業に時間がかかります。しかし、いちど投稿したものから収益を得ることができたら、それ以降は時間を取られません。

極端な言い方をしますが、演奏の仕事はいちど終えたらそれ以降収入が発生することはありませんが、コンテンツを投稿して広告収入を得ることができたら、コンテンツが働いてくれて、自分自身はそれ以降働かなくても収入を得ることができます

YouTubeだけでなく、ブログも同じ仕組みになります。(収入を得る詳しい方法はここでは割愛させていただきます。)

音楽家はYouTubeに向いています。演奏という武器を持っているからです。また、音楽家は人前で話したりすることが得意な人が多いのではないでしょうか。

人が価値を感じるコンテンツを投稿すれば自然と集客(アクセス)は集まります。音楽家としての価値を提供してほしい人はいます。今持っている音楽家としてのスキルを活かす方法はたくさんあるのです。

 

まとめ

音楽家として収入を得るには様々な方法があります。
演奏家として就職を考えるならば、プロのオーケストラやブラスバンドのオーディションを受けるか自衛隊や警察音楽隊に入る方法があります。
その他の音楽家はほとんどフリーランスとして働いています。

フリーランスとしての仕事は多岐に渡ります。これからの時代は自分の価値を高めて、それを提供していくことによって収入が得られる仕組みになってきます。
音楽家としてのスキルに付加価値をつける強みをもうひとつもっておくと、最強の人材になり、あなたにしかできない仕事が生まれて、収入アップにつながるかもしれません。